データ復旧業者に外付けhdd修理を依頼|IT機器の管理と業務支援

矢印
このエントリーをはてなブックマークに追加

二種類のメールと特徴

手紙

電子メールを利用している企業というのは、ウェブメールと電子メールのどちらかを使用して電子メールを利用しているかと思います。ウェブメールというのはインターネットブラウザで簡単に利用できる電子メールのことを指し、メールソフトはパソコン等の内部ストレージにプログラムをインストールすることで利用できるようになるソフトウェアです。それぞれに特徴が異なり、それに伴ってメリット・デメリットというのも異なってきます。ここでは、その違いについて知っていきましょう。
ウェブメールとメールソフトの違いというのは、まずその導入方法にあります。ウェブメールであればインターネットブラウザのメールサービスに登録することですぐ使えるようになりますが、メールソフトの場合、インストール作業や初期設定等を行なわなければなりません。ウェブメールはこのように簡単に利用することができ、インターネットの繋がる環境があれば外出先からでもスマートフォン等を利用して受信メールの確認・返信を行なうことができるのです。逆に言えば、インターネットの繋がる環境でなければ受信メールすら見ることができないということになります。しかし、インターネットの繋がらない環境というのは現代では少ないため、そのデメリットを気にする必要は無いでしょう。メールソフトに関しては、インターネットの繋がっていない環境であっても受信メールの確認及びメール作成が可能です。しかし、受信メールに対する返信や作成したメールの送信はインターネットに繋がっていないと行えません。また、設定を行なっている端末でなければ利用できないといったデメリットも存在します。